湿式電気集塵機のご紹介

サンテクノ式湿式電気集塵機の概要と特長

オイルミストなどの可燃性が高いダストや油煙、溶接ヒュームなどの粘着性が高いダストを除去したい企業様・工場オーナー様には、湿式の集塵機がお勧めです。こちらでは、サンテクノが製造・販売を手がける「サンテクノ式湿式電気集塵機」の概要と特長についてご説明します。

サンテクノ式湿式電気集塵機
特長
  • 比較的少ない水量で省エネとコスト削減を実現
  • 自由に選べる横型と縦型
  • 自動洗浄方式なのでメンテナンスが容易
  • 長寿命。メンテナンス次第で長期使用も可能
ご要望の多い工場 新断ちシュレッダー工場・壁紙製造工場・防水布製造工場
主な集塵物質 鉄粉・オイルヒューム・可塑性ヒューム

サンテクノ式湿式電気集塵機とは?

「サンテクノ式湿式電気集塵機」は、電気集塵部を介してダストを含んだガスをキレイにする電気集塵機(集じん機)です。

[集塵の原理と流れ]

↑画像をクリックすると大きくなります。

吸引口から入った汚れたガスが電気集塵部を通る際、ダストにはマイナスの電子が付与されます。それによってダストがプラスの電気を持つ集塵極に引き寄せられ、空気から分離し、排気口からキレイな空気が排出されるという仕組みです。運転後、集塵極にシャワーを噴霧することで集められたダストが洗浄・除去されます。

サンテクノ式湿式電気集塵機のメリット

比較的少ない水量で省エネを実現

従来の湿式電気集塵機との違いは、ダストを洗浄する水を霧状にしていること。それにより、集塵極に常時水を流すタイプの集塵機に比べて水の使用量を比較的抑えられます(例: 1時間あたり約4000リットル→約100リットル)。使う水を少なくすることで省エネが実現し、ランニングコストの削減にもつながります。

自由に選べる横型と縦型

サンテクノ式湿式電気集塵機は、用途や設置スペースなどの条件に応じて横型か縦型かをお選びいただくことができます。

自動洗浄方式なのでメンテナンスが容易

電気集塵部で集塵極に集められたダストは噴射したミストで流下しますが、一部残留するものもあるため、電気集塵機の運転停止後に集塵極を自動洗浄することで常にキレイな状態を保ちます。バグフィルター式集塵機のように、フィルター清掃・交換の手間やコストで悩まされることがありません。

長寿命。メンテナンス次第で長期使用も可能

消耗品が少ないため、長期間にわたって多くの部品を交換することなく使用できます。定期点検などをしっかり行うことで、20年程度お使いいただくことも可能です。

こんな方にお勧め!

小さいダストをしっかり除去したいオーナー様

ダストの固体・液体を問わずに捕集できるサンテクノ式湿式電気集塵機は、特に鉄粉やオイルヒュームなどの小さいダストを排出する工場で優れた集塵効果を発揮します。一方、ゴム、樹脂、フィルム、テープといった比較的大きなダストが発生する工場ではハイブリッド湿式電気集塵機がお勧めです。

可燃性のあるオイルミストを集塵したい企業様

サンテクノ式湿式電気集塵機は水を使ってダストを捕集するので、オイルミストのような可燃性があるダストでも火災を心配することなくお使いいただけます。万が一火災が発生した場合には、機内温度検知機によって自動的に運転がストップし、水スプレーで消火が行われるので安心です。

粘着性の高い溶接ヒュームを集塵したい企業様

鋼管の溶接を行っている工場などでは、粘着性の高いヒュームが発生します。バグフィルター式の集塵機ではすぐに目詰まりを起こしてしまうため、フィルターをこまめに清掃・交換しないと集塵効果が著しく低下してしまい、生産ラインにも影響します。サンテクノ式湿式電気集塵機ならばバグフィルターを使わないため、目詰まりの心配がありません。

PICK UP
既設スクラバーへの連結も可能です

アマノ・マキタ・日立など、現在使われている他社製品のスクラバーのうえに当社の湿式電気集塵機を連結することもできます。スクラバーの形状や設置状況、スペース、ファンの位置などによって多少の制約はありますが、すべてを新規導入するよりもコストを抑えることができます。

  • HYBRID ハイブリッド 湿式電気集塵機
  • DRY サンテクノ式 乾式電気集塵機
工業用の集塵機・集塵装置ならサンテクノ(東京・秋葉原)お問い合わせ・ご相談・ご依頼はこちら 03-3252-9271 【受付時間】9:00~18:00(月~金)

各種集塵機のご紹介

  • HYBRID 鉄くず処理に最適!ハイブリッド湿式電気集塵機
  • WET 微細なダスト・ミストも集塵!湿式電気集塵機
  • DRY 火葬炉・ボイラでも使える!乾式電気集塵機
About Electrostatic Precipitator 電気集塵機の構造・原理とは?
サンテクノ株式会社
Page top